動画で製作日記を進行している白いガザCですが、ようやく一発目のサーフェイサーを吹いて細部の処理を行っています。
具体的には合わせ目消しとモールドの深掘り、気に入らないモールドの排除です。

後者はあまりないかと思っていたのですが、腰部・脚部に小さな丸モールドがいくつかあり、造形があまりきれいではなかったため彫り直しか消してしまうかを検討後、全体のバランスと最終的なデカールの配置を踏まえ消してしまいました。

77A69E18-DEDE-4691-AF45-DEE963F4F0F4

写真の通り、全身に合わせ目があり難解な塗装になるかと思っていたのですが、うまく取り外せる箇所のみでしたので、それほど手はかかりそうにありません。
黒瞬着で埋めたモールドがうまくならされているか気になります。

また、今回の製作で先日購入したDPボトルを初めて使用しています。


一言で言ってしまえばキャップが回転式で開閉する希釈塗料用の容器というシンプルな道具なのですが、攪拌から補充を簡単に行えるのは実に快適ですね。
これはもう必需品です。

引き続き本サフ、塗装へと進行するわけですが、ヤスリをかけてサーフェイサーや塗装を行っての繰り返しが多くご覧いただける要素が少ないため、チョット動画が空いてしまって寂しいところです。
完成後は動画でもお送りしますので、是非チャンネル登録してご覧いただければ幸いです。