個人の趣味や時事ニュースについてのblogです。テーマは多様ですが、ガンプラ率が高めです。

channel M イメージ画像

2017年03月

わけあって、またキットを購入してまいりました。 ただでさえ作るのが遅いのですが、その倍以上の頻度で購入してゆくのでどんどん積まれてゆきます。 購入してまいりましたのは、紅の彗星ことザクアメイジング。 高機動型ザクがベースになっているようですね。 HGBF No.02
『紅(くれない)の彗星をつくる』の画像

ナドレの製作が完了しました。 …といっても、塗装もスミ入れも無しでシールだけなので、製作が遅い私でも正味2日間くらいかな? 気軽に作って飾るには丁度よいキットですね。 よく動きますね〜 昨年末に再販とはいえ、2008年の発売ということで実に9年前(! その当時はガ
『赤い髪した中の人仕上がる』の画像

ヨドバシAkibaのガンプラコーナーは、完成見本が多数展示されていて眺めて歩くだけでも楽しいですよね〜 こちらは先日ナドレを購入したときに撮った写真です。 ストーリー展開を踏まえたポップが添えられていて、製作意欲・購入意欲を刺激されます。 こういうの良いですよ
『ヨドバシAkibaの完成見本展示』の画像

順番通りにガンダムMkIIかと思っていました… GUNDAM.INFOを引用します。 ※この画像はイメージです。 2017年秋より、東京・お台場「ダイバーシティ東京 プラザ」フェスティバル広場に「実物大ユニコーンガンダム立像」が展示される新プロジェクトの始動が決定した。 新
『次期ランドマークはユニコーン!お台場の実物大ガンダム』の画像

先日の突発ヨドバシで購入してまいりましたキットはガンダムナドレです。 実は、他の方が動画で製作されているのを拝見して一気に物欲が暴発し、まったくの予定外でしたが今週末にでも仕上げようと考えています。 HG 1/144 GN-004 ガンダムナドレ (機動戦士ガンダム00) [お
『赤い髪の中の人ことガンダムナドレ』の画像

アナベル・ガトーの台詞でタイトルをつけてみましたが、ここ数年では珍しいくらい秋葉原へ行っていませんでした。 先日、突発的に入手したくなったキットを入手しにヨドバシAkibaへ足を運んだわけですが、平日午後の早い時間でもかーなーりの混雑ですね〜 先日発売になった
『秋葉原よ私は帰ってきた!突発ヨドバシで初00シリーズ購入』の画像

THE ORIGINの赤いザクIは2体存在しますよね。 肩にトゲ(スパイクアーマー)なしの、いわゆる旧ザクと 肩にトゲありで、ザクIIとのキメラのようなザクI。 パッケージの表記は、それぞれ機体名の前が異なります。 magic@magiciansghost赤いザクIのパッケージですが、肩
『赤い2体MS-05ザクIとMS-05SザクI』の画像

前から思っていたのですが、ガンプラモデラーのライダー好き率は極めて高いですね。 製作予告からの、そんなお話しです。 当ブログ同様、個人の趣味についてお送りしておりますビデオblogです。 是非チャンネル登録してご覧ください! 小説 仮面ライダー龍騎 (講談社
『ガンプラ好きはライダー好き?』の画像

赤いザクI買ってまいりました。 赤いモビルスーツ、しかもザクとくれば特別なものに感じてしまう世代。 それはザクIでも同様です、うっかり『宇宙(そら)の彼方で 』を口ずさみそうになる勢い。 宇宙の彼方で(そらのかなたで)(「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前
『THE ORIGIN ザクI(シャア・アズナブル機)購入と開封』の画像

個人的に、ガンプラの製作を変えたといっても過言ではないファンテックの超硬スクレーパーですが、不満がなかったわけでもありません。 ファンテックの製品は安価な価格設定の弊害というか、ある意味利点とも言えるのですが、ほとんどの刃にホルダーが付属していません。 た
『超硬スクレーパーのホルダー決まる』の画像

ガンダムの顔はZガンダムで一度大きく変わっているわけですが、そのときはRX-78-02に似ているガンダムMkIIが間に挟まり、ストーリー的にも説得力ある形でバトンタッチが行われたため、それほど違和感を覚えませんでした。 HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダ
『衝撃的デザイン!∀ガンダムの思い出』の画像

今月は多種多様、色々と発売になりますね〜 購入候補はザクIとバエルだったのですが、バエルがいまいち活躍しないので、ザクIのみになりそうです。 こちらは、今月発売のガンプララインナップを追いながら、購入を検討する動画です。 下記キットについてお話しさせていた
『2017年3月発売の「ガンプラ」ラインナップを語る』の画像

↑このページのトップヘ